モリモリスリム 副作用

1.ここが知りたい!モリモリスリムの副作用とは?

モリモリスリムは、ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ)の配合量が5gと、他の便秘茶や健康茶に含まれているものよりも1.5~2倍程度多いため、便秘解消効果はとても優れています。
しかし、ゴールデンキャンドルに含まれている便秘解消成分「センノシド」には便意を催させる作用が認められているため、人によっては強烈な腹痛、あるいは下痢に悩まされてしまう可能性も少なくはありません。
これは、便秘気味の人にとって利点でもありますが、場合によっては副作用と認識されてしまうこともあるでしょう。
それでは、モリモリスリムを美味しく飲むために注意するべきポイント、副作用について詳しく説明していきたいと思います。

 

1-1.効果が強いため下痢と腹痛になることも

センノシドは消化器官、特に大腸に刺激を与えて運動を促し、比較的自然な便意を催させる成分です。
先程も説明した通り、モリモリスリムに配合されているゴールデンキャンドルの量はとても多いため、人によっては原料に含まれるこの成分「センノシド」が原因でお腹を下してしまう可能性があります。
それもそのはず、センノシドは下剤、便秘薬にも入っている成分なので下痢気味になったり、腹痛になってしまうことは容易に想像できます。
もちろん、センノシドは下剤成分の一つですがモリモリスリムには安全に飲むことができる程度の量しか含まれていないため、中毒になったり危険な状態になることは無いので安心してください。

 

モリモリスリム 腹痛

 

1-2.人によって副作用が違う?

センノシドは便意を催させる効果のある成分ですが、その効果は人によって大きく異なります。
生まれつきの体質も影響しますが、一番影響があるのはセンノシドに対する耐性の有無です。
センノシドは量に違いはあれどほとんどの便秘茶に含まれている成分なので、日常的に便秘茶、健康茶を飲んでいると知らず知らずの内に耐性がついている可能性があります。
耐性があるとセンノシドの効果も落ちるため、モリモリスリムを飲んでも便意を催さなかったり、あるいは副作用なく効果を得られたりします。
逆を言えば、初めてモリモリスリムを飲む人は下痢気味になってしまう可能性が高いため、量や飲む回数を調節した方が良いでしょう。

2.体質に合わせて煮出す時間を調整しよう!

上で説明した通り、モリモリスリムを飲むときのコツは体質に合った煮出し時間を見つけることです。
具体的には、2~5分の間で煮出し時間を調整するのが一番です。
2分だとかなり薄目で初めて飲む人、腸が弱い人などにオススメです。
対して、5分だと相当濃くなるためセンノシドに耐性がある人、下痢になってもいいから便秘を解消したい人などにおすすめです。
1日に飲む回数としては、基本的には1回、多くても3回程度に抑えておくのが良いでしょう。
なお、煮出し時間を短くしても下痢気味になってしまう人はパックを半分にするなどの方法も行うと良いかもしれません。

 

2-1.便秘がちな人は濃い目に抽出

便秘でお腹が張ってしまって苦しい、下痢になってもいいから便秘を解消したい人には濃い目に抽出することをオススメします。
煮出し時間としては5~6分程度、お茶の色としては濃い茶色で底が見えなくなる程度です。
これ以上濃くすると、お茶が黒くなり便秘解消どころか下剤と同じような効果になってしまうため、あまりオススメはできません。
また、濃くしてしまうとそれだけセンノシドに耐性ができてしまうため、便秘茶が効きづらくなってしまいます。
そこまで濃くしなくても、モリモリスリムは便秘改善効果が高いため、便秘がちでも3~4分程度の煮出し時間で様子を見るのが良いでしょう。

 

2-2.お腹の痛みが心配なら薄めに抽出

上とは対照的に、お腹が弱い体質の人は便秘の程度にかかわらずモリモリスリムを薄めの煮出しで飲んだ方が良いでしょう。
そもそも、薄めに抽出したとしてもモリモリスリムにはセンノシドが5g、と他の便秘茶の1.5倍以上含まれているため十分な便秘解消効果を得ることができます。
腸が弱いのにモリモリスリムを濃い目にして飲んでしまうと、人によっては下剤を飲んだのと同程度の腹痛、下痢状態になってしまうため避けた方が良いです。
下痢になると、確かに便秘は解消されますが腸内環境や肛門に悪影響を与えてしまうため、できるだけ下痢にならないようにモリモリスリムを飲みたいものですね。

 

2-3.やかんで煮出せば安定した濃さに

自分に合う煮出し時間が見つかるまではポットで丁寧に煮出して濃さを調整しながら飲んだ方が良いですが、一度自分に合った煮出し時間が見つかったら、やかんで煮出すことで安定した濃さのお茶を作り置いておくことができます。
方法としては、1リットルの水をやかんに入れて沸騰させ、お湯が沸いたらティーパック一包を入れ自分の好きな濃さになるまで煮出します。
最初は煮出しのタイミングが分かり辛いと思いますが、お茶の濃さなどから判断できるようになると思います。
できあがったら別の容器に移して冷蔵庫で保存し、2~3日程かけて飲むようにしましょう。
この方法だとアイスでも飲みやすいため、夏場などは特におすすめです。

3.モリモリスリムは飲むタイミングが決めて!

モリモリスリムのホームページには自分の好きなタイミングで飲めば良いと書いてありますが、飲むタイミングとしてオススメなのは食後です。
というのも、食後に一杯のモリモリスリムを飲むことで丁度良いタイミングで便意が来るという意見が多いからです。
ただし、朝食後や会社などの大事な会議前に飲むことは避けた方が無難です。
運が悪いと出勤中や会議中に便意を催してしまいその後に影響してしまう可能性があります。
特に、モリモリスリムはその日のお腹の調子によっても影響してしまうため注意が必要です。
従って、休日であれば朝食後に飲んでも問題ありませんが、平日は夕食後にだけ飲んだ方が生活にあたえる影響は少ないでしょう。

 

3-1.外出しない前日なら安心

働いている場合、平日であれば夕食後だけに飲むのが良いのですが、夜遅くに飲んでしまうと次の日に影響してしまう可能性もあるため注意しましょう。
もちろん、次の日に外出しないのであれば夕食後~寝る前にかけて飲んでも大丈夫だと思いますが、寝る直前に飲んでしまうと中途半端な便意で寝られなくなってしまうケースも報告されているため避けた方が良いです。
もしくは、便秘が酷くてすぐにでも改善したい場合には、かなり薄めに煮出したものを朝昼晩毎食後に飲む程度であれば急な腹痛や下痢になることなく自然な便意を催すことができるかもしれません。
こればかりは体質の問題なので、自分で色々と試してみる必要があります。

 

3-2.食事中か食後に飲むのがおすすめ

モリモリスリムを飲むタイミングとしては、食事中、あるいは食事後に飲むと良いでしょう。
本商品に含まれるセンノシドは下剤にも含まれるほど強力な成分なので、胃に何もない状態で飲んでしまうと強烈な腹痛におそわれたり、お腹が緩くなってしまうことがあります。
そのため、食前、食間に飲むことは避けた方が良いです。
食事中、食後であれば既に食べ物のクッションがあるため、センノシドが急速に吸収されることもなく、食後に自然なタイミングで便意を催すことができるでしょう。
一番避けた方が良いのが、朝起きてすぐにモリモリスリムを飲むことです。
喉が渇いているから飲みたくなる気持ちも分からなくはないですが、殆どの人はこれでお腹を下してしまいます。

4.口コミで検証!モリモリスリムの副作用について

モリモリスリムはその強力な便秘改善効果から、下痢気味になってしまったり、腹痛になってしまったりと、本来の効果が副作用としてとられてしまう場合が多いです。
これは口コミ評価の傾向からも窺い知ることができ、良評価と悪評化が約半々で分かれている印象があります。
モリモリスリムのおかげで便秘が改善できたとする良評価の口コミ、そして副作用に関する悪評化の口コミにはどのようなものがあるのでしょうか?
これら利用者の生の声を聞くことで、モリモリスリムの効果について理解出来たり、副作用が起きないよう注意して飲めるようになるでしょう。

 

4-1.どんな症状?副作用があった人の口コミ

「モリモリスリムは友人からの勧めで飲んだのですが、最悪でした。確かに便秘は一時的に改善されましたが下痢気味になってしまいました。便秘さえ解消できれば良いというものじゃないんです。便秘で悩んでいる人の身からすれば安全に便秘を改善したいんです。これじゃ下剤を飲むのと一緒です。正直がっかりしました。(50代女性・専業主婦)」
この口コミからはモリモリスリムの効果が強すぎてお腹が緩くなってしまったことが窺えます。
この場合には、お茶の煮出し時間を短くしたり、煮出すティーパックを小さくするなどの方法で副作用なくモリモリスリムを飲むことができたかもしれません。
モリモリスリムは効果が強力な分、自分で調節することが特に重要な便秘茶なのです。

 

4-2.副作用ナシ!大丈夫だった人の口コミ

「モリモリスリムは副作用が大きい便秘茶だと聞いていたので最初は煮出し時間短めで飲み始めました。最初はそれで何も効果が得られなかったため、少しずつ増やしていったところ、あるところで自然な便意を催すようになりました。現在ではやかんで煮出して安定した濃さのお茶を飲んでいます。耐性がつくという話しも聞いていて不安でしたが、飲み始めて半年になっても同じ濃さで自然な便意を催すことができます。下痢や腹痛になったこともなく今でも愛飲しています。(20代女性・学生)」
中には上の口コミのように副作用を一切経験しない利用者もいます。
これらの人の共通点として、煮出し時間を少しずつ調節していたり、初めは極端に薄いお茶で飲んでいるなどの点が挙げられます。
自分に合った濃さを見つけられるまでは、丁寧に煮出していくことをオススメします。