桃花スリム モリモリスリム

桃花スリム モリモリスリム

生活習慣の乱れや偏った栄養バランス、ストレスなどが原因で、便秘に悩む現代人は多くいます。
「便秘解消のために様々な健康法を試したけど何も効果がない・・・」という経験はありませんか?
生活習慣や食事を見直すことも大切ですが、どうしても便秘が改善されない場合は、便秘茶を飲んでみると良いかもしれません。

 

数ある便秘茶の中で、人気の商品が「桃花スリム」と「モリモリスリム」です。
口コミでも評判のこの二つのお茶、どんなものか気になりませんか?

 

今回は、桃花スリムとモリモリスリムの効き目や価格を比較していきます。
頑固な便秘を解消して、スッキリした毎日を送るためにぜひ役立てて下さい!

 

桃花スリムってどんなお茶?

お腹をスッキリさせたいけれど、薬のように効果が強過ぎると、お腹に負担がかかったり、副作用の影響も心配になります。
「自然に優しく便秘を改善したい!」そんな人におすすめしたい便秘茶が「桃花スリム」です。

 

桃花スリムには、12種類の天然ハーブである厳選素材が配合されています。
具体的には、食物繊維が豊富なゴボウ根、ミネラル豊富なルイボス、体を温める生姜などを中心に、ローズヒップ、黒大豆、ゴールデンキャンドル、バラ花、ハト麦、ハイビスカス、柿葉、マクイベリー、ハニーブッシュが自然な形で便秘解消を助けます。
クセがなく飲みやすいので、食事と共に好きな時間に飲むことができます。

 

モリモリスリムってどんなお茶?

「毎日のスッキリを習慣にしたい」「内側からキレイになりたい」「すぐに効果を実感したい」という人は多いはずです。
そんな願いを叶えてくれるのが、健康茶「モリモリスリム」です。

 

モリモリスリムには、ゴールデンキャンドル、桃の花、羅漢果、オオバコ、ガルシニア、プーアールなど計24種類の自然植物が配合されています。
また、モリモリスリムには、ほうじ茶風味、紅茶風味、プーアル茶風味など、豊富な味が用意されており、自分に合った味で楽しくおいしく続けることができます。

 

モリモリスリムの成分や効果の詳細はこちら

 

桃花スリムとモリモリスリムの効果を徹底比較!

便秘解消に効くのはどっち?

便秘解消を謳っている「桃花スリム」と「モリモリスリム」、どちらにより効果があるのでしょうか?
原料から見るに、双方に便秘解消効果のあるゴールデンキャンドルが配合されているので、どちらも便秘解消が期待できると言えるでしょう。

 

しかし、効果の現れ方に違いがあるようです。
モリモリスリムは1回に使う茶葉の量が多いためか「即効性がある」という口コミが多く、一方の桃花スリムは「効き目が穏やか」と評判です。
どちらも便秘解消には効果はありますが、自分の体質を踏まえたうえで、穏やかな効き目の桃花スリムか、効果が強いモリモリスリムを選ぶ必要があります。

 

ダイエット効果があるのはどっち?

ダイエットには、腸内環境を整え便秘対策を講じることがとても大切になりますが、桃花スリムとモリモリスリムダイエット効果があるのはどちらでしょうか?
実は、どちらも「飲むだけで痩せる」というお茶ではありません。
あくまでダイエットをサポートするだけの役割なので、「こちらの方がダイエット効果が高い」とは結論付けられないのです。

 

便秘茶を飲むと、便秘が解消されて体重が軽くなることはありますし、腸内環境が改善されて代謝が上がり、徐々に体重が減少することもあるでしょう。
しかし、ダイエットには生活習慣の改善が何より重要です。
桃花スリムやモリモリスリムに過剰な期待を持って暴飲暴食をしたり、運動を怠ったり、生活リズムを崩したりすることはよくありません。

 

桃花スリムとモリモリスリムの副作用について

便秘解消に確かな効果を発揮する桃花スリムとモリモリスリムですが、心配なのが副作用です。
特に即効性のあるモリモリスリムは、人によっては腹痛や下痢といった副作用が出る恐れがあります。
副作用が出る理由は、ゴールデンキャンドルの影響です。
特に、茶葉を煮出す時間を間違えて濃く作ってしまうと、腹痛や下痢が起こりやすいので注意しましょう。

 

また、桃花スリムにもゴールデンキャンドルが入っているので、腹痛や下痢を起こす人がいます。
お腹が弱い人の場合、少量から始めるなど様子を見ながら飲むことをおすすめします。
下痢などを起こした場合には、すぐに使用を中止しましょう。

 

モリモリスリムの副作用について詳しく知りたい方はこちら

 

桃花スリムとモリモリスリムー価格が安いのはどっち?

どちらも健康を促すお茶として魅力的ですが、気になるのはやはり価格です。
ここでは、桃花スリムとモリモリスリムではどちらが価格が安いのか見ていきましょう。

 

桃花スリムは69g(2.3g×30包入)で、通常価格が4,286円(+税)、定期購入で20%オフの3,429円(+税)です。
モリモリスリムほうじ茶風味は150g(5gティーバッグ×30包入)で、通常価格が3,200(+税)、定期購入で12.5%オフの2,800円(+税)です。
桃花スリムは1包あたり約160円、モリモリスリムは1包あたり93円となり、1包あたりの価格はモリモリスリムが安くなります。(定期購入の価格から計算)

 

価格を比較した結果、モリモリスリムのの方がコスパ面では優れていると言えそうです。

 

どちらもお試しはできる?

便秘解消の効果がある桃花スリムとモリモリスリムですが、自分の体質に合っているのかが気になりますよね?
そんな人たちのために、どちらもお試しキャンペーンが用意されています。

 

まず、モリモリスリムには10日間のお試しキャンペーンがあります。
完全後払いで、気に入らなければ商品到着後10日以内に連絡をすれば、使いかけでも返品が可能です。

 

また桃花スリムには、定期コースが初回限定(1回目のみ)で1,800円で購入できるキャンペーンがあり、商品到着後30日以内なら返品と返金が可能です。

 

これらのキャンペーンを利用すると、体質に合わな場合は費用がかからないので、安心して商品を試すことができます。

 

授乳中・妊娠中に飲んでも大丈夫?

桃花スリムとモリモリスリムには、厳選された素材が多く使用されています。
そこで心配な点が、「授乳中・妊娠中でも安心して飲むことができるのか?」ということです。

 

先に説明したように、桃花スリムとモリモリスリムにはゴールデンキャンドルというハーブが入っています。
ゴールデンキャンドルには子宮を収縮させるので、流産の危険性があります。
従って、残念ながら妊娠中には飲むことができません。

 

「桃花スリムにはカフェインが入っていないので飲んでも大丈夫」という情報もありますが、授乳中や妊娠中の飲用は避けるべきでしょう。
授乳中・妊娠中は赤ちゃんやお母さんにとって大事な時期です。
少しでも危険性があるものは避けるべきなのです。

 

桃花スリム・モリモリスリム利用者の口コミ・評判

(モリモリスリム)翌朝にドッサリ!煮出し時間には注意が必要です

長年便秘に悩んでいて、お腹がいつもモヤモヤしていました。
便秘は体にも悪いし、スッキリさせてたいと思って、即効性のあることで評判なモリモリスリムを飲んでみました。
夜に飲むと、次の朝にはドッサリ出たのでビックリしました!
久しぶりにお腹に爽快感が生まれました。
でも、ある時煮だし時間を間違えて、とても濃いお茶を飲んでしまいました。
そしたら効果が出すぎて、1日中トイレにこもるぐらいのひどい腹痛になりました。
効果は抜群ですが、煮出し時間を間違えるととんでもないことになります。
作り方は間違えずに、最初は薄めから始めることをおすすめします。

 

年齢:20代
性別:女性
評価(5点満点):★★★

 

(桃花スリム)効き目がおだやかなので気に入っています

便秘がちではありますが、お腹を壊しやすい体質のため、市販の便秘薬などは怖くて使用できませんでした。
そんな時に目に留まったのが桃花スリムです。
桃花スリムは自然素材で作られているし、効き目が穏やかです。
しかも、公式サイトから管理栄養士に体についての相談ができるので安心です。
私も体質に合わせた飲み方などをアドバイスしていただきました。
おかげでお腹を壊すことなく、飲み続けることができています。
ピーチ系の匂いがするのも、リラックスできていいですね。
便秘も徐々に改善され、今では毎日規則的なリズムで出すことができています。

 

年齢:30代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★

 

桃花スリムとモリモリスリムどっちがおすすめ?

これまで桃花スリムとモリモリスリムの特徴を見てきましたが、結局のところどちらがおすすめなのでしょうか?
両方のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

桃花スリムのメリット
  • ノンケミカルで天然ハーブの力で便秘を改善
  • ピーチとアプリコットの香りで飲みやすい
  • 抗酸化作用があるマクイベリーでアンチエイジング効果も
  • 気になることを管理栄養士に相談できる
  • 徹底した品質管理で安心して飲める

 

桃花スリムのデメリット
  • 配合されているゴールデンキャンドルには下剤成分のセンノシドが入っており、下痢や嘔吐などの副作用の心配がある
  • 1包当たりの価格が約160円と高め
  • 市販では売られていない

 

モリモリスリムのメリット
  • 効果がすぐに実感できる
  • 味の種類が豊富
  • 分からないことは問い合わせなどでサポートしてくれる
  • 1包あたり約93円とお得
  • 1包あたり5gの大容量

 

モリモリスリムのデメリット
  • ゴールデンキャンドルが使用されてているため、煮出し時間を間違えると下痢や腹痛を引き起こす
  • 市販では売られていない

 

様々なメリットとデメリットがありますが、桃花スリムは時間をかけて便秘を改善したい人、モリモリスリムは速効性を求める人におすすめします。

 
[[tag]]